システム手帳における仕組み

PAGE
システム手帳における仕組み

システム手帳における仕組み

システム手帳における仕組み
システム手帳とは、手帳による一種であり、本体がバインダーによる仕組みを持ちながらリフィルと呼ばれている用紙部分を交換可能であるものをいいます。また、イギリスにおいて1921年に6穴バインダー手帳として発売されています。そして、本来においては牧師や、副官がいないような尉官クラスによる将校が、自分の教区や率いている部隊に関する記録について収めておくために用いられています。また、随時内容を用紙の差し替えによって行いながら、あらかじめ用意されているリフィルを利用していく事によって、利用者の利便性向上について図りながら、システマチックに運用することができます。また、日本では1984年に上陸した後には、次第に流行していくようになりました。

そして、用紙サイズによってA4のバインダーノートの下にあたるA5やA6やA7、14cm×8cmによるカードサイズといわれる様々な用紙サイズによるものが見られます。また、用紙サイズによって穴の数に関しても違いが見られます。また、近年においては文具店でも安価による製品が見られるほか、百貨店でも文具売り場による一角を占めている様子が見られます。なお、交換用による用紙であるリフィルにおいては、日付が入っているダイアリーや分類によるためのそれぞれのインデックスシートなどユーザーのニーズに合わせてそれぞれ用意されており、それを使っていく人の仕事内容や生活習慣、個人的趣味によって自由に組み合わせをすることができます。

お役立ち情報